【更新】~戦没者等のご遺族の皆さまへ~第10回特別弔慰金支給のお知らせ

戦後70周年にあたり、国では今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に対し改めて弔意の意を表すため、ご遺族に第10回特別弔慰金(記名国債)を支給します。


対象

戦没者等の死亡当時のご遺族で、平成27年4月1日(基準日)時点で「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合、次の順番による先順位のご遺族一人に支給されます。

第8、9回の受給者の方も請求手続きが必要です
1. 平成27年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方
2. 戦没者等の子
3. 戦没者等の(1)父母(2)孫(3)祖父母(4)兄弟姉妹
戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。
4. 1~3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥・姪等)
戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります

支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債

請求期限

平成30年4月2日まで
請求期限を過ぎると時効により権利が消滅し、特別弔慰金を受けられませんので、ご注意ください

請求窓口

大熊町役場会津若松出張所福祉課、いわき出張所健康介護課、中通り連絡事務所または避難先自治体の担当窓口
請求手続きと国債受領の際に行くことができる窓口でお願いします

個人番号(マイナンバー)について

番号法施行に伴い、特別弔慰金の請求手続きにも個人番号(マイナンバー)の記入および確認が必要です。個人番号の通知カードもしくは個人番号カードをお持ちください。あわせて、窓口に来られる方の本人確認ができる書類(運転免許証・健康保険証な ど)が必要です。

請求手続きがお済みの方へ

全国的に請求件数が非常に多い上、都道府県による裁定審査があるため、国庫債券のお渡しまで1年以上かかる場合もあります。町に国庫債券が届き次第、文書でお知らせしますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

 

お問い合わせ先
大熊町役場会津若松出張所 福祉課
フリーダイヤル:0120-26-3844 (代表)