新生児聴覚検査の費用助成について

新生児聴覚検査とは、聴覚障がいを早期に発見し、できるだけ早い段階で適切な療育を受けられるようにするため、新生児を対象に行う「耳の聞こえ」の簡単な検査です。

本県では、県が費用の一部を助成していましたが、町内に住民票を有する対象者が平成29年4月1日以降に受けた検査については、町が費用を助成します。お子さんの住民票が他市町村にある場合は、市町村によって助成の有無がありますので、最寄りの役所へお問い合わせください。

助成の方法

出産する病院で、新生児聴覚検査が受けられるか事前にご確認ください。受けることができない場合は、ご連絡ください。

  助成方法
(4月1日以降に検査された方)
助成の対象
となる検査
助成額











(1)





母子手帳交付時に「新生児聴覚検査受検票」を交付します。
母子手帳の交付をすでに受けている方には、個別に郵送させていただきます
(3月中に発送予定です)

 

 

(各1回ずつ)
(1)初回検査
※一般的に出生後入院中に実施

 

 

(2)確認検査
((1)の検査で要検査となった場合)

※一般的に退院時に実施

 

 

(3)再確認検査
((2)の検査で要検査となった場合)

※一般的に1ヶ月健診時に実施

 

 

ABR検査
6,700円

 

 

OAE検査
3,000円

 

 

※医療機関により、受けられる検査が異なります
(2)






大熊町より交付された受検票を出産する病院に提示して使用すると助成額の範囲内であれば、自己負担はかかりません。












受検票の交付はありません。ただし、助成の方法について郵送させていただきたい書類がありますので、妊娠が分かった時点でご連絡ください。
すでに母子手帳の交付を受けており、3月下旬以降に出産される方もお手数ですがご連絡ください。
検査費用は全額自己負担いただき、その後、申請により助成します。

 

お問い合わせ先
大熊町役場いわき出張所 健康介護課保健衛生係
フリーダイヤル:0120-26-5671(代表)
大熊町役場会津若松出張所 福祉課健康介護係
フリーダイヤル:0120-26-3844(代表)