福島県借上げ住宅再契約手続きについてのお願い

現在、福島県内の借上げ住宅に避難をされている皆様は、平成30年3月31日までの契約となっておりますが、入居期間が平成31年3月31日まで延長されたことにより、入居期間延長の再契約の手続きが必要になります。

◆再契約の手続きについて

貸主または貸主代理、仲介業者が作成した再契約書の内容を確認し、記入捺印が必要になります。

貸主または貸主代理、仲介業者より依頼がありましたら速やかに記入捺印し、貸主または貸主代理、仲介業者へ速やかにご返却をお願いします。

◆退去の手続きについて

現在入居している借上げ住宅を退居しようとする場合は、退去の手続きとして「仮設住宅等使用終了届」を提出が必要になります。

「仮設住宅等使用終了届」提出せずに入居者が退去すると解約手続きが完了せずに家賃が振込まれ続けてしまいますので、必ず提出していただきますようお願いします。

手続きの流れは、次のとおりです。

  1. 入居者は使用終了届を作成するにあたり、入居名義人が必要事項を記入した後、貸主または貸主代理から確認の記名と押印をもらってください。
  2. 記入・押印された使用終了届を郵送等で大熊町役場生活支援課まで提出してください。
    (FAXは不可、原本を提出してください。)
  3. 受領した使用終了届に基づき、町から福島県・貸主・仲介業者に申し入れを行い契約の解除となります。

 

避難先変更の届出が必要となります。新しい避難先を記入した「避難住民届」を会津若松出張所住民課窓口に持参または郵送いただくか、お電話でお知らせください。
  • 原則退去予定日の1ヶ月前に届出が必要になりますが、近々に退去される方は、まずは電話で連絡してください。
  • 貸主の方が設置された附帯設備(エアコン、ガスコンロ、カーテン、照明器具、給湯器等)は、退居の際持ち出さないようお願いします。
  • 日赤から提供されている家電については、搬出してください。
  • 退去時に入居者の故意または過失による損壊が退去修繕負担金で充当できない場合は、充当できない分の費用に関しては入居者の負担となります。
県外で借上げ住宅等へ避難されている方は、県外避難先自治体への申請が必要ですのでそれぞれの避難先自治体へお問い合わせください。
◇申請書

お問い合わせ先
大熊町役場会津若松出張所 生活支援課住宅支援係
フリーダイヤル:0120-26-3844(代表)