年金

国民年金

日本国内に住所があり、20歳以上60歳未満のすべての人は、国民年金に加入し、保険料を納めることが義務付けられています。万が一、病気やケガで障害が残ったときや、一家の働き手が亡くなったときなど、加入者や家族を守る制度です。将来、年金を受給するために、国民年金保険料を国に納付します。

国民年金関係の届出

以下のような場合には、14日以内に必ず届け出てください。

20歳になった

会社などに勤めて厚生年金・共済組合に加入している方と、扶養されている配偶者は除きます。手続きが終わると、「年金手帳」が交付されます。