住民票

住民票にかかわる届出

住民票に記載の内容、例えば住所や世帯構成に変更があった場合には、届出が必要です。

住所の変更の場合には、引っ越し元と引っ越し先が、同じ市町村なのか、別の市町村なのかによって手続きが異なります。

 

転入届

別の市区町村から、大熊町に住民票を異動する場合に提出します。

現在、大熊町では、再転入1回限りと、婚姻などで社会通念上同一住所であることが望ましいとされる関係になった方のみに、転入を認めています。

転出届

大熊町から、別の市町村に住民票を異動する場合に提出します。

転校の手続き

小中学校に通っているお子さんがいるときは、引っ越しによって転校となることがあります。

転校の場合は、通っている学校での手続きも必要となります。

転出の場合

町立小学校・中学校から転校する場合は、以下のような流れで手続きを行います。

世帯変更届

住所が変更にならなくても、次のような場合には、世帯変更届を提出してください。

世帯の構成は、住民税や国民健康保険税の算定に影響しますので、実際の生活を反映するように届け出ることが重要です。

住基カード

平成27年12月22日をもって、住民基本台帳カードの新規作成は終了しました。

マイナンバーカード

番号利用法施行に伴って、マイナンバーカードが導入されました。

マイナンバーカードは、本人確認と個人番号確認をするための機能を持つIC付きのカードです。運転免許証などと同様に、公的な身分証明書として使用することもできます。

コンビニでの証明書交付サービスを行なっています

大熊町では行政サービス向上のため、平成28年2月1日からマイナンバーカードをお持ちの大熊町民の皆さんが全国のコンビニエンスストアで各種証明書を取得できるサービスを行なっています。窓口で受け付けを行っていない時間帯でも最寄りのコンビニエンスストア店頭で証明書を取得できます(有料)ので、お気軽にご利用ください。

住民票の請求

住民票は市区町村の住民に関する情報を記録したもので、住民票の写しはその居住関係を公的に証明するためなどに広く使われています。

住民票の種類

住民票には以下の種類があります。