産業・雇用

中小企業向け復旧・復興支援ガイドブックの掲載と補助金募集開始のお知らせ

福島県商工労働部より平成29年度福島県内の中小企業向け復旧・復興支援ガイドブック(平成29年4月版)について情報提供します。福島県では、復旧・復興を目指す県内の中小企業の皆様を支援するため補助制度や資金繰り支援制度、雇用支援制度等を実施するほか、各種相談窓口を設置しています。

平成29年度上期原子力発電施設等周辺地域企業立地支援事業について

原子力発電施設等の所在市町村および隣接市町村における企業立地を支援するため、一定期間にわたって企業の支払った電気料金等に基づき、給付金を交付する制度(原子力発電施設等周辺地域企業立地支援事業(F補助金))があります。当該制度の申請を希望する方は、次の補助金申請窓口(一般財団法人 電源地域振興センター 総務企画部立地審査課)までご連絡ください。

なお、対象地域、交付対象者、申請方法など、制度の詳細についてはHPよりご確認ください。

大熊町森林整備計画を変更しました

森林法改正に基づき、福島県地域森林計画が変更されたことに伴い、大熊町森林整備計画を変更しましたので公表します。

大熊町森林整備計画

大熊町では、町と森林所有者が一体となって計画的に保育・間伐等の森林整備を積極的に進め、基盤となる路網の整備を推進するため、また、森林組合等による施業実施体制の整備、森林組合や林業関連事業体の育成、関連施策の積極的活用等を図り森林整備を計画的に推進するため、大熊町森林整備計画を策定しています。

 

来年から65歳以上の方も雇用保険の適用対象となります

これまで65歳に達した日以降に雇用された方は、雇用保険の適用除外でしたが、来年1月以降、1週間の所定労働時間が20 時間以上で、31日以上の雇用の見込みがあれば、原則として雇用保険の対象となります。対象となる労働者を雇用する事業主の方は、加入手続きが必要となります。

詳しくは最寄りのハローワーク(公共職業安定所)にお問い合わせください。

 

「平成28年度ふくしま園芸産地復興新生事業」について

東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故により甚大な被害を受けた地域の認定農業者等の新たな園芸産地のモデル構築に向けた先導的取組(風評を受けにくい花きや放射性物質の影響を受けない栽培方式、省力化技術の導入など)を支援します。

 

「平成28年度避難農業者一時就農等支援事業」の要望について

避難農業者一時就農等支援事業とは、震災や原発事故等に伴い避難中の農業者が、ふるさとに戻り営農を再開できるまでの間、県内の避難先等において一時的に営農を再開することを支援する事業です。

県内の避難先等において一時就農しようとする被災農業者に対して、経営開始に必要な資金を助成します。

平成28年度に本事業の利用を希望される方は、担当までご連絡ください。

 

大熊町地域農業再生協議会水田フル活用ビジョンについて

産業建設課から、大熊町地域農業再生協議会水田フル活用ビジョンを公表します。

 

  1. 地域の作物作付けの現状、地域が抱える問題
  2. 作物ごとの取組方針
  3. 作物ごとの作付け予定面積
  4. 平成28年度に向けた取組み及び目標

 

森林の開発について(福島県から)

森林で土砂の採掘など開発を行う場合に必要な手続きについて、福島県農林水産部森林保全課からお知らせがあります。

ページ