消防・防災

弾道ミサイル発射時の行動について

~爆風や破片などによる被害を避けるために~

「Jアラート」を活用したメッセージが流れたら
 落ち着いて、直ちに行動してください


<屋内にいる場合>
 できるだけ窓から離れるか窓のない部屋に移動し頭部を守る

避難勧告等の名称が変更されました

国の「避難勧告等に関するガイドライン」の改正により「避難準備情報」は「避難準備・高齢者等避難開始」に、「避難指示」は「避難指示(緊急)」と名称が変更されました。

主な基準および行動する内容については次のとおりです。

町内の気象観測データの欠測およびアドレス変更について

大熊町では、発電所からの大規模な放射性物質の放出に備えて、昨年長者原と新町に気象観測装置の設置を行いました。

気象観測データは、町のホームページやタブレットから見ることができますが、現在機器が不調のため、一部のデータが表示されない等の症状がでています。

原因調査と対策は現在実施中ですが、対策の1つとしてアドレスの変更を行いました。

直接リンクを張っている方は、以下のアドレスへの変更をお願いします。

消防団員を募集しています

求む!消防団員

あなたも消防団員の一員となり、ふるさとを守る活動をしませんか。

地域に密着している消防団は、生業を持つかたわら「わが街の安全は自分たちで守る」という 精神に基づき、地域防災のリーダーとして中心的な役割を担います。消防団なくしては、街を災害から守れません。

町内の気象観測データが見られます

町はこのほど、町内長者原と新町に気象観測装置を設置しました。

町内で気象観測を行うのは、発電所での万一の事故などに備え、風向や風速を観測して放射性物質がどの方向に流れるかを予測し、避難方向の参考にするためです。

観測データは町公式ホームページの画面右側にあるバナー「町内気象情報」から見ることができます。気象観測装置は風向・風速に加えて気温、10分ごとの降水時間も測定していますので、一時帰宅の際の参考に活用していただきたいと思います。