消防・防災

春の全国火災予防運動週間です!

3月1日から7日までは春の全国火災予防運動週間です。この機会に、ご家庭に設置されている住宅用火災警報器の設置・維持管理や放火対策など、身近な防火対策について見直しをお願いします!

油流出事故を防ぎましょう

冬本番をむかえ、家庭でも灯油等を取り扱う機会が多くなります。次の点に注意し、油流出事故を防ぎましょう。

 

福島第一原発防災訓練のお知らせ

東京電力福島第一原子力発電所で12月7日(水)、作業員を対象とした防災訓練が行われます。訓練はすべて構内で行われます。所内放送設備からの避難放送およびサイレンが鳴りますので、町内に立ち入る方はご注意ください。

仮設住宅の緊急防火訪問を行っています

10月6日にいわき市内で仮設住宅4棟が全焼する火災が発生しました。これを受け、双葉地方広域市町村圏組合消防本部は10月7日から、県内の全ての仮設住宅で緊急防火訪問を行っています。

火災を起こさないためには、一人一人の心掛けが最も大切です。火の元には十分ご注意ください。

町内の気象観測データの欠測およびアドレス変更について

大熊町では、発電所からの大規模な放射性物質の放出に備えて、昨年長者原と新町に気象観測装置の設置を行いました。

気象観測データは、町のホームページやタブレットから見ることができますが、現在機器が不調のため、一部のデータが表示されない等の症状がでています。

原因調査と対策は現在実施中ですが、対策の1つとしてアドレスの変更を行いました。

直接リンクを張っている方は、以下のアドレスへの変更をお願いします。

消防団員を募集しています

求む!消防団員

あなたも消防団員の一員となり、ふるさとを守る活動をしませんか。

地域に密着している消防団は、生業を持つかたわら「わが街の安全は自分たちで守る」という 精神に基づき、地域防災のリーダーとして中心的な役割を担います。消防団なくしては、街を災害から守れません。

町内の気象観測データが見られます

町はこのほど、町内長者原と新町に気象観測装置を設置しました。

町内で気象観測を行うのは、発電所での万一の事故などに備え、風向や風速を観測して放射性物質がどの方向に流れるかを予測し、避難方向の参考にするためです。

観測データは町公式ホームページの画面右側にあるバナー「町内気象情報」から見ることができます。気象観測装置は風向・風速に加えて気温、10分ごとの降水時間も測定していますので、一時帰宅の際の参考に活用していただきたいと思います。

双葉消防本部がホームページをリニューアルしました

双葉地方広域市町村圏組合消防本部はこのほど、ホームページをリニューアルしました。震災直後の消防活動や現在の取り組みなどを掲載しています。このうち「双葉消防125名の軌跡」では、東日本大震災、福島第一原発事故から現在までの活動を、写真入りで紹介しています。消防関連の行事、催し物での住民の皆さんの様子なども紹介しています。ぜひご覧ください。