教育

平成29年度大熊町海外派遣事業「おおくま希望の翼」参加者募集!

大熊町では、オーストラリア・バサースト市で語学研修と国際交流を行う海外派遣事業「おおくま希望の翼」の参加者を募集します。

 

◆希望の翼募集通知内容の訂正について

 4月1日発行「広報おおくま」に同封しました募集通知の一部に誤りがありました。謹んでお詫び申し上げます。

 <訂正箇所>参加対象者の範囲

「個人文化財レスキュー」活動を行います

大熊町教育委員会からのお願い

町民の自宅に眠る歴史的資料を安全な場所に運び出し、劣化や消失から守る町教育委員会の「個人文化財レスキュー」活動がスタートしました。

町所蔵の文化財については平成24年度、白河市の県文化財センター白河館・まほろんに約650点を運び出し、保管してもらっています。このほか個人宅にも貴重な資料が残されていると考えられ、今後町内で進む家屋解体による消失、後を絶たない盗難などから資料を救い、町民が代々受け継いだ営みを後世に伝えるため、レスキューに乗り出しました。

平成29年度奨学金貸与生募集期間を延長します

平成29年度の奨学資金貸与生募集期間の締め切りを、当初の3月21日から4月14日まで延長します。希望者は教育総務課までご連絡ください。電話受付後、申請用の資料を送付します。

来年の大熊町成人式は1月7日です

大熊町では平成30年成人式を次のとおり予定しています。


開催日

平成30年1月7日()

会 場

グランパルティいわき  (いわき市平谷川瀬明治町30)

該当者

平成9年4月2日~平成10年4月1日生まれの方

区域外就学の手続きはお済みですか?

大熊町に住民票がある児童・生徒が避難先の小中学校に通う際は、避難先の市町村教育委員会で区域外就学の手続きが必要です。まだ手続きがお済みでない方は手続きをお願いします。

なお、避難先市町村教育委員会によって手続き等は異なりますので、避難先の市町村教育委員会にお問い合わせの上、手続きを行ってください。

 

大熊町子どもに関する相談窓口のお知らせ

大熊町や福島県では子育てや教育、いじめに関する相談窓口をもうけております。悩んでいることや困っていることがありましたら、一人で悩まずに是非ご相談ください。

平成29年度奨学資金給付学生の募集期間を延長します

大熊町在住または大熊町出身の高校生(卒業生を含む)で、有能な者であるにもかかわらず経済的理由により大学進学が困難と認められる者に奨学資金を給付(返済の必要がない)し、教育の機会均等を図る一助とすることを目的として、希望者を募集します。

【更新】平成29年度の奨学資金給付学生募集期間の締切りを、当初の10月31日(月)から11月22日(火)まで延長します。

 

平成28年度被災幼児幼稚園就園奨励事業の実施について

平成28年度東日本大震災及び原子力災害による被災者に対する大熊町幼稚園就園奨励費補助金の受付を行いますので、幼稚園に入園しており、避難先において幼稚園就園奨励費補助金の申請を行っていない場合や入園料・保育料の減免を申請していない場合は、申請してください。

 

平成28年度被災児童生徒就学援助の申請について

東日本大震災の被災者に対する大熊町児童生徒就学援助の申請についてお知らせします。

就学援助の申請は、原発被災者特例法により原則として避難先市区町村で申請することができます。希望される児童生徒の保護者の方は、まず避難先の市区町村教育委員会または現在通学している学校へご相談ください。ただし、いわき市及び会津若松市に避難している方は大熊町から支給しますので、大熊町教育委員会にご連絡ください。

ご自宅に眠っている文化財はありませんか?

大熊町では、大熊町や相双地方の文化や歴史を守るため、来年度より皆さまのご家庭や身近にある文化財を保全する活動を行っていく予定です。ご自宅の蔵・倉庫などに古文書・古いノートなどの資料がありましたら大熊町教育総務課までご連絡ください。

ページ