子育て・福祉

子育てひろば (いわき市)

「子育てひろば」は、育児への不安感や孤立感を解消するために、いわき出張所を解放して行われており、利用する方が少しずつ増えてきています。ぜひご参加ください!

 

離乳食教室(いわき市)

いわき出張所で離乳食教室を開催します。予約が必要となりますのでご連絡お待ちしています。

 

敬老会の出欠表返信お済みですか

 震災後初めてとなる大熊町敬老会が9月15日、いわき市のスパリゾートハワイアンズで開かれます。町では6月下旬、対象となる方に郵送した開催案内に「敬老会出欠確認表」を同封しましたが、ご返信はお済みでしょうか。

返信期限は7月21日(金)となっていますので、まだ返信されていない方はご記入の上、返信用封筒で町役場に返送してください。

敬老会の円滑な運営のため、ご理解ご協力をお願いします。

児童手当の現況届は今月中にご提出ください

児童手当を継続して受給するためには、毎年6月に現況届の提出が必要です。

今年度の現況届は、6月支給分の児童手当(特例給付)支給通知書に同封し、すでに郵送しました。同封した記入例を参考に、必要事項を記載し、必要書類と併せて提出してください。期限は6月30日です。

なお、詳細につきましては、現況届に同封の事務連絡をご確認ください。また、現況届が届かない方やなくしてしまった方は、福祉課までご連絡ください。

 

臨時福祉給付金(経済対策分)について

■臨時福祉給付金の申請受付は8月25日まで■

平成26年4月の消費税率の引き上げに際し、低所得の方々に与える負担の影響に鑑み、低所得の方へ適切な配慮を行うため、暫定的・臨時的な措置として「臨時福祉給付金(経済対策分)」を実施しています。

支給対象となる可能性がある方に対し、すでに町から申請書を送付しました。

大熊町産後ケア事業のご案内

平成29年度より大熊町では、産後の疲労回復や母乳育児不安等に対応するため、福島県助産師会と契約し県内の助産院でお泊りや日帰りでの母子のケアや授乳指導を受けることができる産後ケア事業を行います。

避難先の自治体で母子手帳の交付を受けた町民の方へ

大熊町に住民票があり、平成29年4月1日以降に出産予定日のある方は、町から簡単なアンケートやご案内をさせていただきますので、いわき出張所健康介護課または会津若松出張所福祉課にご連絡ください。

連絡が遅れますと、一部助成が受けられなくなる可能性がありますので、ご注意ください。

なお、今後も避難先の自治体で母子手帳の交付を受ける方は、母子手帳が交付されましたら必ず町へご連絡ください。

 

ファミたんカードの更新時期です

福島県の子育て応援パスポート「ファミたんカード」は、子育て中の方が協賛店で提示すると、様々なサービスを受けることができます。平成28年度からは子育て応援パスポート事業の全国展開が始まり、全国の協賛店で利用が可能になりました(神奈川県のみ29年4月から参加予定)。

県は全国で利用できる新しいファミたんカードを3月から、保育所や幼稚園、学校等を通してお子さんに配布しています。大熊町では会津若松出張所、いわき出張所、中通り連絡事務所で配布しています。郵送も受け付けています。

ページ