子育て・福祉

子育てひろば(いわき市)

「子育てひろば」は、育児への不安感や孤立感を解消するために、いわき出張所を解放して行われており、利用する方が少しずつ増えてきています。ぜひご参加ください!

離乳食教室(いわき市)

いわき出張所で離乳食教室を開催します。予約が必要となりますのでご連絡お待ちしています。

インフルエンザ予防接種の費用を助成します

高齢者とお子さんを対象に、インフルエンザ予防接種の費用を助成しています。体調の良いときに早めに接種しましょう。

その他の予防接種(ロタウイルス、おたふく、成人の風しん抗体検査、風しん予防接種、高齢者肺炎球菌等)の費用も助成しています。接種後おおむね1か月以内に申請書等を提出してください。

 

保育料助成の申請を受付中です

大熊町では、原発避難者特例法に基づき、避難先で保育所、認定こども園、地域型保育等(以下「保育所等」)に入所している児童に対し、平成29年度大熊町保育所特例保育所入所措置費負担金を助成しています。

避難先で保育料等の免除の申請をしていない場合は申請してください。

災害弔慰金等の支給について

大熊町では、暴風、豪雨等の自然災害で死亡した町民の遺族に対して災害弔慰金を、精神や身体に著しい障害を受けた町民に災害障害見舞金を支給しています。

災害弔慰金等の額は、種類や生計の状況等により異なります。申請等の詳細については、大熊町役場会津若松出張所福祉課またはいわき出張所健康介護課へお問い合わせください。

児童手当・特例給付現況届の提出をお願いします

給付を受給するには、毎年6月1日の状況を記載した「現況届」の提出が必要です。未提出の方は9月15日(金)までに町に提出してください。提出しない場合、手当が差し止めとなる場合がありますので、ご注意ください。

臨時福祉給付金(経済対策分)について

■臨時福祉給付金の申請受付は8月25日まで■

平成26年4月の消費税率の引き上げに際し、低所得の方々に与える負担の影響に鑑み、低所得の方へ適切な配慮を行うため、暫定的・臨時的な措置として「臨時福祉給付金(経済対策分)」を実施しています。

支給対象となる可能性がある方に対し、すでに町から申請書を送付しました。

大熊町産後ケア事業のご案内

平成29年度より大熊町では、産後の疲労回復や母乳育児不安等に対応するため、福島県助産師会と契約し県内の助産院でお泊りや日帰りでの母子のケアや授乳指導を受けることができる産後ケア事業を行います。

避難先の自治体で母子手帳の交付を受けた町民の方へ

大熊町に住民票があり、平成29年4月1日以降に出産予定日のある方は、町から簡単なアンケートやご案内をさせていただきますので、いわき出張所健康介護課または会津若松出張所福祉課にご連絡ください。

連絡が遅れますと、一部助成が受けられなくなる可能性がありますので、ご注意ください。

なお、今後も避難先の自治体で母子手帳の交付を受ける方は、母子手帳が交付されましたら必ず町へご連絡ください。

 

ファミたんカードをご利用ください

福島県の子育て応援パスポート「ファミたんカード」を子育て中の方が協賛店で提示すると、さまざまなサービスを受けることができます。

県は「子育て支援パスポート事業の全国共通展開」に参加し、平成29年4月から全国でファミたんカードが使えるようになりました。(全国共通展開に参加していない店舗もあります)

大熊町では、会津若松出張所、いわき出張所、中通り連絡事務所の窓口で申請を受け付けて配布しています。郵送での申請も受け付けています。

ページ