入札

大熊町栽培施設等整備事業公募型プロポーザル方式の実施について

大熊町では、東京電力福島第一原子力発電所事故により被災した農業の再生と復興のため、栽培施設等を整備する事業を実施します。

本事業を実施するに当たり、公募型プロポーザル方式により栽培施設等の詳細設計・ 施工業務を行う業者を選定するための公募を行います。(9月11日)

 

1.業務概要について

(1) 事業名称

大熊町栽培施設等整備事業

大熊町新庁舎整備公募型プロポーザル技術提案書審査結果について

本プロポーザルにおいては、参加資格を審査する一次審査、平成29年6月1日(木)に実績や技術力等を審査する二次審査及び三次審査(ヒアリング)を開催しました、大熊町新庁舎整備公募型プロポーザル技術提案書審査委員会において、厳正な審査の結果、以下のとおり優先交渉権者・次点交渉権者を選定しました。

 

一次審査結果 参加表明書提出者数4者(順不同)

  • 大林組・日総建特定建設工事共同企業体

  • 前田建設・久米設計・邑建築事務所特定建設工事共同企業体

大熊町新庁舎整備基本計画及び公募型プロポーザルの実施について

大熊町では、大川原地区に大熊町新庁舎を整備するため、新庁舎に備える機能の整備方針や規模・構造・配置計画などの基本的な方針を定めた基本計画を策定し、プロポーザル方式により公募を開始しましたのでお知らせします。(2017年3月17日)