健康診査・検査

総合健診意向調査を送ります

20歳以上の方を対象に、総合健診の意向調査を4月上旬に送付します。受診の希望確認のための大事な書類です。受ける、受けないに関わらず必ず提出してください。詳しい日程は、意向調査の封筒に同封されている「平成29年度大熊町総合健診のご案内」をご覧ください。4月15日を過ぎてもお手元に届かない場合は、お手数ですがお問い合わせください。

 

福島医大の「妊産婦に関する調査」にご協力ください

福島県立医科大学では福島県が実施する県民健康調査の一環として「妊産婦に関する調査」を実施しています。妊産婦の皆さんの心身の健康状態を把握し、不安の軽減や必要なケアを提供するとともに、今後の産婦人科医療の充実につなげていくことを目的としています。


対 象

平成24年度「妊産婦に関する調査」にご回答いただいた方の中で

医療機関でがん検診が受診できます

今年度、総合健診(がん検診)を受診できなかった方を対象に、県内3市の医療機関でがん検診が受診できるようになりました。受診を希望される方はお早めにお申し込みください。

なお、県内で一般健診を受診できなかった方については、12月中に県立福島医大から県民健康調査の案内が送付されます。

内部被ばく検査・甲状腺検査について

町民の皆さまの健康不安の解消と長期的な健康管理を目的として、内部被ばく検査をお勧めしています。ご自身の身体の状況を確認するためにも、受検することをお勧めします。


◆内部被ばく検査

 <福島県内>

平成27年度から胃がんリスク検診がはじまります

胃がんリスク検診(ABC検診)ってなんですか?

血液検査の次の二つの値によって、胃がんになりやすい状態か判定します。
(1) ヘリコバクター・ピロリ菌感染の有無
ピロリ菌とは、胃の中に住んでいる細菌です。胃酸の分泌や胃粘膜の免疫機能の働きが不十分 な幼少期(4~5歳頃)までに感染すると考えられています。
(2)

内部被ばく検査がいわき泌尿器科で受けられます

長期的な健康管理を目的に、内部被ばく検査をお勧めしています。町は公益財団法人ときわ会と内部被ばく検査の協定を締結しています。ご自身の身体の状況を確認するためにも、一度は受検することをお勧めします。

また、一時立ち入りの際は、防護服、マスク等の着用を心がけ、無用な内部被ばくを防ぎましょう。


◆検査場所

いわき泌尿器科
 (いわき市内郷綴町沼尻62)

「県民健康管理ファイル」ご存知ですか?

すでにお手元に配布されている、『県民健康管理ファイル』は活用していますか?

このファイルはご自身の健康状態を把握するとともに、医療機関受診の際には診療の参考になるように、健康についての調査や検査結果等をまとめて記録、保存できる家庭用カルテ・健康手帳となっています。

甲状腺検査の受検方法について

福島県が実施している県民健康管理調査「甲状腺検査」として、震災当時18才以下だった方は、20才までは2年おき、それ以降は5年おきに甲状腺検査を受けることができます。