住宅支援

住宅再建相談会を開催します

福島県居住支援協議会では、住宅金融支援機構との共催で、被災・避難されている方々を対象に住宅再建相談会を開催します。災害復興住宅融資相談や一般建築・住宅相談を行います。詳細はお問い合わせください。

被災家屋の損壊調査について


大熊町では、これまで放射線量が高い帰還困難区域での、り災状況確認のための家屋の損壊調査を見送っていましたが、避難当初に比べ、ある程度空間線量率が低下したことから、希望に応じて順次調査を行っています。

家屋を取り壊した後に調査はできませんので、帰還困難区域に家屋を所有されていた方、もしくは住んでいた方で、り災証明書の発行を希望される方は、申請書に記載の上、お早めにお申し込みください。

福島県復興公営住宅第5期募集の申し込み受付中です

福島県復興公営住宅第5期募集は平成28年8月31日(水)が締切日となっています。
 県が整備する復興公営住宅の新規団地の募集は、第5期が最終となります。

今後、仮設住宅等の供与期間が終了することが想定されますが、その時点で復興公営住宅の空がなければ入居することができません。

現在、住宅再建で迷われている方や、見通しが立っていない方は、当選後の辞退も可能となっておりますので、復興公営住宅へのお申し込みをご検討ください。

 

住宅の二重ローンでお困りの方を応援します

福島県では、東日本大震災で住宅を被災された方の生活再建を支援するため、住宅の二重ローンを抱える方に対する利子補給を行います。

詳細は、案内リーフレットをご参照ください。

 

福島県借上げ住宅再契約手続きについてのお願い

現在、福島県内の借上げ住宅に避難をされている皆様は、平成28年3月31日までの契約となっておりますが、入居期間が平成29年3月31日まで延長されたことにより、入居期間延長の再契約の手続きが必要になります。

◆再契約の手続きについて

貸主または貸主代理、仲介業者が作成した再契約書の内容を確認し、記入捺印が必要になります。

福島県仮設住宅・借上げ住宅供与期間の延長について

福島県仮設住宅・借上げ住宅の供与期間については、平成28年3月31日で終了となっておりましたが、平成29年3月31日まで1年間延長となりましたのでお知らせします。

なお、県外の借上げ住宅等については、福島県より期間延長措置の依頼をしているところではありますが、各都道府県の判断となりますので避難先の都道府県、または市町村にご確認ください。

高齢者等の引越し支援について

住宅再建などにより、現在のお住まいから引越しをされる方で高齢者などご自身で引越しの作業が困難な方について、荷造り等のご支援をします。

支援を希望される方は、お申込みください。

◆作業内容

荷造り・搬出・積込・重量物の屋外搬出・引越先での荷卸・荷解きなど

※トラックの手配や引越し先への運搬、廃棄物の処理は行いません。

福島県借上げ住宅終了(退去時)手続きについてのお願い

現在入居している借上げ住宅を退居しようとする場合は、退去の手続きとして「仮設住宅等使用終了届」を提出が必要になります。
「仮設住宅等使用終了届」提出せずに入居者が退去すると解約手続きが完了せずに、家賃が振込まれ続けてしまいますので、必ず提出していただきますようお願い致します。

手続きの流れは、次のとおりです。

ページ