仮設・借上住宅

福島県仮設住宅・借上げ住宅供与期間の延長について

福島県仮設住宅・借上げ住宅の供与期間については、平成30年3月末で終了となっておりましたが、平成31年3月末まで1年間延長となりましたのでお知らせします。

平成31年4月以降については、避難指示区域の実情や、解除後の住まいの確保状況などを踏まえ、今後判断します。

なお、県外の借上げ住宅等については、福島県より期間延長措置の依頼をしているところではありますが、各都道府県の判断となりますので避難先の都道府県、または市町村にご確認ください。

仮設住宅・借上げ住宅の適正な使用について

応急仮設住宅(借上げ住宅などを含む)は、災害救助法に基づいて一時的に居住の安定を図ることを目的としています。避難による居住以外の用途での使用は認められませんので、法律の趣旨についてご理解いただき、適正な使用をお願いします。

また、住宅の購入や新築、復興公営住宅への入居など、住宅を確保された方は供与終了となります。速やかに「仮設住宅等使用終了届」を提出してください。

福島県借上げ住宅再契約手続きについてのお願い

現在、福島県内の借上げ住宅に避難をされている皆様は、平成28年3月31日までの契約となっておりますが、入居期間が平成29年3月31日まで延長されたことにより、入居期間延長の再契約の手続きが必要になります。

◆再契約の手続きについて

貸主または貸主代理、仲介業者が作成した再契約書の内容を確認し、記入捺印が必要になります。

福島県仮設住宅・借上げ住宅供与期間の延長について

福島県仮設住宅・借上げ住宅の供与期間については、平成28年3月31日で終了となっておりましたが、平成29年3月31日まで1年間延長となりましたのでお知らせします。

なお、県外の借上げ住宅等については、福島県より期間延長措置の依頼をしているところではありますが、各都道府県の判断となりますので避難先の都道府県、または市町村にご確認ください。

福島県借上げ住宅終了(退去時)手続きについてのお願い

現在入居している借上げ住宅を退居しようとする場合は、退去の手続きとして「仮設住宅等使用終了届」を提出が必要になります。
「仮設住宅等使用終了届」提出せずに入居者が退去すると解約手続きが完了せずに、家賃が振込まれ続けてしまいますので、必ず提出していただきますようお願い致します。

手続きの流れは、次のとおりです。

借上げ住宅の住み替えについて

現在、就労・就学等による住み替えは一度に限り認められていますが、今後(平成25年5月1日以降)次のとおり住み替えが制限されます。